YouTube

海外生活YouTuberおすすめ!盗難防止の動画撮影カメラ紹介

小学生から年金暮らしの高齢者まで、積極的にYouTubeに動画投稿するYouTuberと呼ばれる人たちが増えました。

今回、Ishikawa FamilyのYouTubeちゃんねるを運営している私たちの撮影環境を紹介します。

YouTubeの撮影用カメラについて

パパ
パパ
日本人男性のパパです。
ママ
ママ
ベトナム人女性のママです。
パパ
パパ
ふたり合わせて
ママ
ママ
Ishikawa Familyです。
パパ
パパ
何か漫才師みたいな入り方になってしまったけどさ。日本でもベトナムでもYouTubeって大人気だよね。
ママ
ママ
ベトナムだと都会にでてきた若者たちは家にテレビがない場合が多いから、YouTubeはなくてはならない存在よ。ちなみにあなたはいてもいなくてもいい存在だけどね。
パパ
パパ
おい(笑)一応、私たち日本とベトナムの国境を越えた国際夫婦なんだからさ。冷たいこと言わないでくれよ。
ママ
ママ
分かった。あなたはたまにいてもいい存在に格上げしてあげる。
パパ
パパ
ひどいだろ(笑)まぁ、私たち夫婦なんだけどさ。YouTubeに動画投稿し始めた頃はスマートフォンで撮影してたね。
ママ
ママ
今でも私が撮影する時はiPhoneからよ。
ママ
ママ
何それ?
パパ
パパ
主に野外で撮影する時に活躍するんだけどさ。空間光学ブレ補正が搭載されているから、手ぶれに異常なまでに強いんだよ。うちらの場合、ベトナムで撮影しているからね。しかも私はママが運転するバイクの後部座席からで撮影する時が多い。こんな感じの動画みたいにね。

ママ
ママ
最初はヒヤヒヤしたよ。ベトナムは日本と比べるとひったくりや盗難が多いから、アクションカム(HDR-AS300)なんてだしてたら盗られてしまうかもしれないよ。
パパ
パパ
一応、盗られないように対策はしている。
ママ
ママ
対策?
パパ
パパ
ハンドグリップを購入してアクションカム(HDR-AS300)に取り付けることにした。がっちり手でにぎれるからね。だからベトナムの後部座席から撮影していても、今のところ何者かに盗られることはなかったね。

ママ
ママ
すごい!
パパ
パパ
しかもハンドグリップにはミニ三脚も取り付けられるからさ。室内や店内で固定で撮影することもできるんだよ。

ママ
ママ
すごい。でも、野外とかでアクションカム(HDR-AS300)を使って撮影していたら、あまりバッテリーもたないんじゃない?
パパ
パパ
だいたい1時間30分ぐらいでバッテリーがなくなっちゃうけどさ。Anker PowerCore 10000 (10000mAh 最小最軽量 大容量 モバイルバッテリー) を購入して、直接カメラに刺すことによって簡単に充電できちゃうんだよ。充電しながら撮影もできるし便利だよ。

ママ
ママ
すごい!
パパ
パパ
それにYouTubeの動画はテレビみたいに長時間放送するわけじゃないからさ。撮りたい瞬間を細切れに撮影していく。だから、このアクションカム(HDR-AS300)でちょうどいいかなぁって思った。
ママ
ママ
たしかにベトナムの野外でスマホ撮影していたら、ひったくりに盗られる確率高いかも。妹が店の外でスマホ片手に自盗りしていたら、バイクに乗った2人組の男性にスマホ盗られたよ。
パパ
パパ
まじか!
ママ
ママ
あなたのせいです。弁償してください。
パパ
パパ
私のせいじゃないだろ(笑)でも、よく海外旅行をしている日本人たちが撮影したものをYouTubeにアップロードしているけどさ。撮影する時は、もしかしたらひったくりなどに盗られてしまうことも頭の片隅に入れておいた方がいいよ。やっぱハンドグリップを買ってよかったよ。
ママ
ママ
あなたは野外だと絶対アクションカム(HDR-AS300)を私に持たせないよね。
パパ
パパ
男と女だと体格差もあるし、力の強さも違う。それに女性が高そうなカメラ持っていたら男性よりも狙われる確率高いだろうから、野外だと私がアクションカム(HDR-AS300)持った方がまだ安心かな。
ママ
ママ
じゃあ、分かったから私にアクションカム(HDR-AS300)代ちょうだい。
パパ
パパ
何でお金あげないといけないのよ(笑)
ママ
ママ
ナンダッテー!
パパ
パパ
そこ驚くところじゃないでしょ(笑)

特に東南アジアでの海外旅行の場合、日本と違って旅行者を狙ったスリやひったくりがあります。貴重なデータが入っているスマホが盗難されると困ることもありますので、海外で撮影する時のカメラ選びは考えた方がいいかもしれませんね♪

YouTubeの撮影用カメラ(1万円以下)について

パパ
パパ
ついに1万円以下のAPEMAN アクションカメラ 4Kを購入したよ。
ママ
ママ
1万円以下!?
ママ
ママ
どんな感じのアクションカメラか教えて?
パパ
パパ
こんな感じだったよ。


※撮影映像もYouTubeにのせています。
ママ
ママ
光学手振れ補正もあるし、カメラ本体に液晶画面もあるから、どこを撮影しているから確認しながらできるから便利よね。
パパ
パパ
しかも防水ケースもついているから、海やプールなどでも安心して撮影することができるだ。
ママ
ママ
それで1万円以下か。
パパ
パパ
ただ、ソニー SONY ウエアラブルカメラ アクションカム 空間光学ブレ補正搭載モデル(HDR-AS300)と比べると、音質は劣ると感じたよ。しかもカメラ本体に外部マイク端子もないんだよ。

だから動きメインでAPEMAN アクションカメラ 4Kを使うのはいいけど、しゃべりメインだと少し考えた方がいいかなと感じたよ。

ママ
ママ
それでも1万円以下で購入できるのは魅力的よね。
パパ
パパ
うん、あとカメラ本体液晶画面がついているのは便利だったね。普段使っているソニー SONY ウエアラブルカメラ アクションカム 空間光学ブレ補正搭載モデル(HDR-AS300)は液晶画面がないからね。感覚で撮らないといけない。

また、ソニー SONY ウエアラブルカメラ アクションカム 空間光学ブレ補正搭載モデル(HDR-AS300)でどうしても液晶で確認しながら撮影したい場合、スマホをいちいち無線で繋いでやらないといけない。

ママ
ママ
用途によってカメラを使い分ける感じになりそうね。
パパ
パパ
私のお母さんは、液晶画面があって確認しながら撮ることができるから、APEMAN アクションカメラ 4K方がいいと言ってたね。

ちなみに私のお母さんがAPEMAN アクションカメラ 4Kで撮ったうさぎ動画だよ。

ママ
ママ
動物だからアクションしまくりよね。
パパ
パパ
アクションカメラだからね(笑)